exaBase

exaBase

LOGIN

開発環境構築方法

  1. HOME>
  2. 開発環境構築方法

はじめに

exaBaseでダウンロードしたモデルを、お使いのPCで動かすためには所定のインストール方法にそって、人工知能が使える環境を整える必要があります。exaBaseのモデルはTensorflowKerasと呼ばれるDeep Learning FrameWorkを使用しています。掲載されているインストール方法に従えば、これらのFrameWorkを用いて、モデルの改良やアレンジなども自由に行えます。

インストール方法

OSによってインストール方法は異なります。ダウンロードしたモデルを動かしたいPCのOSを選んでください。
また、モデルの実行を高速化させるためにGPUを使用したい方はGPUverのインストール方法をご覧ください
※使用可能なGPUに関しては、こちらをご覧ください。

Windowsでのインストール方法

  • Anacondaをインストールします。以下のURLからWindows向けPython3の最新パッケージをインストールしてください。
    https://www.anaconda.com/download/

  • 今回必要なライブラリをまとめたテキストをダウンロードします。こちらからダウンロードしてください。ダウンロードしたファイル(requirements.txt)は、ダウンロードしたモデルのフォルダに移動しておいてください。
  • Anacondaのインストールが終了すると、タスクバーにAnaconda Promptのアイコンが登録されます。このAnaconda Promptから以下のコードを実行してください。以下のコード実行時に[y/n]と出力された場合は、キーボードのyボタンを押してください。

    conda create -n exaBase python=3.5
  • 以下のコードを実行します

    activate exaBase
  • コマンドラインの左側に(exaBase)と表示されれば順調です。最後に、以下のコードを一行ずつ入力してください。

    conda install -c https://conda.anaconda.org/menpo opencv3
    conda install scipy
    conda install h5py
    pip install tensorflow==1.0.1
    cd 学習モデルフォルダ名 (例:zipファイルを展開してc:\Examplesフォルダができた場合、cd c:\Examples)
    pip install -r requirements.txt

    インストール完了です。動かしたいモデルのReadme.mdに従ってモデルを動かしてみましょう。
    どこか上手くいかなかった場合は、こちらまでお問い合わせください。

Windows(GPUver)でのインストール方法

  • Anacondaをインストールします。以下のURLからWindows向けPython3の最新パッケージをインストールしてください。
    https://www.anaconda.com/download/

  • 今回必要なライブラリをまとめたテキストをダウンロードします。こちらからダウンロードしてください。ダウンロードしたファイル(requirements.txt)は、ダウンロードしたモデルのフォルダに移動しておいてください。
  • Anacondaのインストールが終了すると、タスクバーにAnaconda Promptのアイコンが登録されます。このAnaconda Promptから以下のコードを実行してください。以下のコード実行時に[y/n]と出力された場合は、キーボードのyボタンを押してください。

    conda create -n exaBase python=3.5
  • GPUを活用するために、CUDA Toolkitをインストールします。以下のURLからWindows向けのツールキットをインストールしてください。
    https://developer.nvidia.com/cuda-downloads

  • Deep Learningを高速化するためのライブラリであるcuDNN5.1もダウンロードします。以下のURLからダウンロードしてください。cuDNNはダウンロードに登録(無料)が必要ですので、ご注意ください。
    https://developer.nvidia.com/cudnn

  • ダウンロードしたファイルには、cudnn64_5.dll,cudnn.h,cudnn.libが入っていますので、所定の位置に移動させます。

    • cudnn64_5.dll → C:\ProgramFiles\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v8.0\bin
    • cudnn.h → C:\ProgramFiles\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v8.0\include
    • cudnn.lib → C:\ProgramFiles\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v8.0\lib\x64
  • 以下のコードを実行します

    activate exaBase
  • コマンドラインの左側に(exaBase)と表示されれば順調です。最後に、以下のコードを一行ずつ入力してください。

    conda install -c https://conda.anaconda.org/menpo opencv3
    conda install scipy
    conda install h5py
    pip install tensorflow-gpu==1.0.1
    cd 学習モデルフォルダ名 (例:zipファイルを展開してc:\Examplesフォルダができた場合、cd c:\Examples)
    pip install -r requirements.txt

    インストール完了です。動かしたいモデルのReadme.mdに従ってモデルを動かしてみましょう。
    どこか上手くいかなかった場合は、こちらまでお問い合わせください。

Macでのインストール方法

  • まずはじめに、確認する事があります。以下のコードをTerminalから実行してみましょう。
    brew --version
  • Homebrew 1.1.10などと表示されたら以下のコードはスキップしてください。Homebrewなどと表示されなかった場合は以下のコードを実行してください。
    /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  • 今回必要なライブラリをまとめたテキストをダウンロードします。こちらからダウンロードしてください。ダウンロードしたファイル(requirements.txt)は、ダウンロードしたモデルのフォルダに移動しておいてください。
  • 以下のコードを順番に入力しましょう
    brew update && brew upgrade
    brew install pyenv
    echo 'export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
    echo 'export PATH="${PYENV_ROOT}/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
    echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
    source ~/.bash_profile
    pyenv install anaconda3-4.3.1
    pyenv global anaconda3-4.3.1
    conda create -n exaBase python=3.5
    echo 'alias activate="source $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-4.3.1/bin/activate"' >> ~/.bash_profile
    source ~/.bash_profile
    activate exaBase
  • Terminalの左側に(exaBase)と表示されれば順調です。最後に、以下のコードを一行ずつ入力してください。

    pip install --ignore-installed --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/mac/cpu/tensorflow-1.0.1-py3-none-any.whl
    conda install -c https://conda.anaconda.org/menpo opencv3
    conda install scipy
    conda install h5py
    cd (ダウンロード頂いたファイルのパス 例:ExamplesというファイルをDocuments下に保存した場合、cd ~/Document/Examples)
    pip install -r requirements.txt

    インストール完了です。動かしたいモデルのReadme.mdに従ってモデルを動かしてみましょう。
    どこか上手くいかなかった場合は、こちらまでお問い合わせください。

Mac(GPUver)でのインストール方法

  • まずはじめに、確認する事があります。以下のコードを実行してみましょう。
    brew --version
  • Homebrew 1.1.10などと表示されたら以下のコードはスキップしてください。Homebrewなどと表示されなかった場合は以下のコードを実行してください。
    /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  • 今回必要なライブラリをまとめたテキストをダウンロードします。こちらからダウンロードしてください。ダウンロードしたファイル(requirements.txt)は、ダウンロードしたモデルのフォルダに移動しておいてください。
  • 以下のコードを順番に入力しましょう
    brew update && brew upgrade
    brew install pyenv
    echo 'export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
    echo 'export PATH="${PYENV_ROOT}/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
    echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
    source ~/.bash_profile
    pyenv install anaconda3-4.3.1
    pyenv global anaconda3-4.3.1
    conda create -n exaBase python=3.5
    echo 'alias activate="source $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-4.3.1/bin/activate"' >> ~/.bash_profile
    source ~/.bash_profile
    activate exaBase
  • コマンドラインの左側に(exaBase)と表示されれば順調です。最後に、以下のコードを一行ずつ入力してください。

    pip install --ignore-installed --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/mac/gpu/tensorflow_gpu-1.0.1-py3-none-any.whl
    conda install -c https://conda.anaconda.org/menpo opencv3
    conda install scipy
    conda install h5py
    pip install -r requirements.txt

    インストール完了です。動かしたいモデルのReadme.mdに従ってモデルを動かしてみましょう。
    どこか上手くいかなかった場合は、こちらまでお問い合わせください。

Ubuntuでのインストール方法

  • まずは以下のコードをTerminalから実行してみましょう

    sudo apt-get -y update
  • 以下のコードを一行ずつ実行していってください。

    sudo apt-get install build-essential python3-dev python3-setuptools
    git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv
    echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
    echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
    echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    pyenv install anaconda3-4.3.1
    pyenv global anaconda3-4.3.1
    conda create -n exaBase python=3.5
    echo 'alias activate="source $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-4.3.1/bin/activate"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    activate exaBase
  • 最後に、以下のコードを一行ずつ入力してください。

    pip install tensorflow==1.0.1
    conda install -c https://conda.anaconda.org/menpo opencv3
    conda install scipy
    conda install h5py
    cd 学習モデルディレクトリ名 (例:zipファイルを展開して、ホームディレクトリ下にExamplesディレクトリができた場合、cd ~/Examples)
    pip install -r requirements.txt

    インストール完了です。動かしたいモデルのReadme.mdに従ってモデルを動かしてみましょう。
    どこか上手くいかなかった場合は、こちらまでお問い合わせください。

Ubuntu(GPUver)でのインストール方法

  • まずは以下のコードをTerminalから実行してみましょう

    sudo apt-get -y update
  • 今回必要なライブラリをまとめたテキストをダウンロードします。こちらからダウンロードしてください。ダウンロードしたファイル(requirements.txt)は、ダウンロードしたモデルのフォルダに移動しておいてください。
  • 以下のコードを一行ずつ実行していってください。

    sudo apt-get install build-essential python3-dev python3-setuptools
    git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv
    echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
    echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
    echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    pyenv install anaconda3-4.3.1
    pyenv global anaconda3-4.3.1
    conda create -n exaBase python=3.5
    echo 'alias activate="source $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-4.3.1/bin/activate"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    activate exaBase
  • 最後に、以下のコードを一行ずつ入力してください。

    pip install tensorflow-gpu==1.0.1
    conda install -c https://conda.anaconda.org/menpo opencv3
    conda install scipy
    conda install h5py
    cd 学習モデルディレクトリ名 (例:zipファイルを展開して、ホームディレクトリ下にExamplesディレクトリができた場合、cd ~/Examples)
    pip install -r requirements.txt

    インストール完了です。動かしたいモデルのReadme.mdに従ってモデルを動かしてみましょう。
    どこか上手くいかなかった場合は、こちらまでお問い合わせください。