exaBase

exaBase

LOGIN

ブラウザで動くAI類語地図

  1. HOME>
  2. ブラウザで動くAI類語地図

言葉の関連性を可視化します
Word2vecで得られた意味ベクトルを二次元平面上に可視化します。 単語同士の関連度が、方向や距離に反映されます。
詳しくはこちら

使用方法

  • ソースの選択
    ポップアップボタンで学習ソースを選択してください。データの読み込みが始まります。読み込みには時間がかかります。
  • 見出し語の入力
    テキストフィールドに単語を入力してください。単語は複数入力できます。自立語が対象です。用言は終止形にしてください。
  • 画面の操作
    画面をドラッグするとスクロールできます。右下のスライダーを操作すると、ズームできます。単語をダブルクリックすると、再検索を行います。

ダウンロードファイルについて

単語ごとのベクトル情報をテキストとして収録しています。
  • 利用技術:機械学習(ML)・Keras(TensorFlow)・Word2vec

無料ダウンロード (313MB)

※ダウンロードには会員登録が必要となります