exaBase

exaBase

LOGIN

MODEL

利用技術から探す

  1. HOME>
  2. 利用技術から探す>
  3. 画像/動画解析

画像/動画解析

01 セグメンテーション

画像全体や画像の一部の検出ではなくピクセル1つひとつに対してそのピクセルが示す意味をラベル付けしています。 動画に写っているものを認識したり、多くの画像から関係画像を抽出することが可能です。

  • バスケット人物領域抽出

    横から撮影したバスケット試合の動画内の選手、審判、ボール、コート、ゴールをピクセルレベルで色分けする事ができます。

  • 冠動脈抽出

    心臓のCT画像の冠動脈の領域だけに色を塗ることができます。

  • 物体領域抽出

    一般的な画像に表示されている人、自動車、動物などをピクセルレベルで色分けすることができます。

  • 人物の詳細領域抽出

    動画に表示される人物の手足や胴体などの詳細領域ピクセルレベルで色分けすることができます。

02 ディテクション

画像に“何があるのか”、“どこにあるのか”を識別します。スポーツ動画を用いたポジショニング解析や、物体のキズ検知などの活用事例があります。

  • バスケット人物検出

    横から撮影したバスケット試合の動画内の選手や審判を取り出すことができます。

  • 物体検出

    動画に表示されている人、自動車、動物などを取り出す事ができます。

  • 車両検出

    車載動画内の人、自動車を取り出す事ができます。

03 クラシフィケーション

”その画像が何なのか”のカテゴリ分けを行います。自動車車種の判別や、画像に写る寿司ネタの判別なども可能です。

  • キズの検知

    物体の表面にある不良部の有無と種類を識別する事ができます。

  • 物体名判別

    画像内の映っている物体の名称を出力します。

  • 農作物の病気・害虫診断

    農作物の画像の中から、病気の有無と種類を識別することができます。

  • 作物の種類分類

    画像に表示されている作物の種類を、予め設定した分類項目の何にあたるかを検出することができます。

04 画像生成

テキストなどの入力された情報からそれに該当する画像を新たに作り出す